Amazonで包丁買いました。

だいぶ前になるけれど,関孫六の「美濃」という牛刀を使っていました。本鋼割り込みに本通しで黒檀っぽい柄。手元に重心があってものすごく使いやすくて,よく切れた包丁だったけれど,柄と刃の境目がさびて,柄も腐ってしまって,惜しみながら処分しました。

その後,KAIブランドになった関孫六の包丁を2本買って使っていますが,安価なステンレス=DIYショップで買ったので切れ味もバランスも今一つ。どちらかというと気に入っていた一本を次男が大阪に持って行ってしまったので,いつか買おうと思っていました。

目をつけていたのは本鋼割り込みの「桃山」,KAI-GOLD使用の5000CL.。5000CL(20cm)シェフズナイフは近くのコーナンにあったので買おうかどうしようか・・・迷っていました。

ところが今日行って見ると5000CLありません。関孫六の製品入れ替え?自分が適当と思っている5000円前後の価格帯の包丁がなくなっています。

んで,Amazonで5000CLシェフズナイフを注文しました。最近はステンレスの刃もよく切れるようになっているらしいので期待しています。

カテゴリー: 10_日常, 90 FaceBook パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください