山口で足湯とランチ

07:30 モモをピックアップして出発

国道2号を西進。

11:00 徳山西IC横通過。

防府から国道262号。途中,右田ヶ岳山麓の天徳寺~楊柳観世音堂と断崖仏を見に行こうかとも思いましたが,
足元は普通の革靴とブーツ,ランチタイムも近かったのでやめました。

山口市に入って県道204号を湯田温泉街へ。

11:40 県道沿いの中原中也記念館の駐車場に到着。
5分ほど歩いて中原中也記念館の敷地内を抜け,
第1の目的地=湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」到着です。

受付で一人200円払って,ロッカー(下駄箱)の鍵と足ふきを受け取り,足湯に入りました。
カフェに隣接した「窓辺の湯」,露店の「四季の湯」,屋内の「言音の湯」と3つの足湯かあります。

まず四季の湯に浸かってまたあり。次にゆったりした音楽の流れる言音の湯。
1時間以上温まりました。

今回は広島のローカル局の放送を見て山口市に来ました。
その放送(ひろしま満点ママだったかな。ちがってたらごめんなさい)ではレポータの人が狐アイスも食べていて,
それも食べてみたかったけれど,ランチタイム前という事で我慢です。

第2の目的地=「波柄」へ。県道204号線を北東進して山口市中心商店街へ向かいます。
駐車場を探して県道北側に向けて右折した所,一の坂川の河岸の道に入ってしまいました。
前々から一度歩いてみたい所だったけど,奇しくも車で通ることになりました。

県道を戻って引き返して,中市第2駐車場発見。商店街を歩いて目的の「魚屋 波柄」に到着。
魚屋さんだけど奥のイートインでいろいろなメニューの海鮮ランチが食べられるお店です。

イートインは満席近かったけれど,カウンター席の女子高校生2名の横に座らせてもらいました。
店員さんが荷物を入れるかごを持ってきてくれて,「観光ですか?」と気さくに話かけてくれます。

「テレビで見て食べに来たんです」というと「私も写ってたかも~」と明るく気持ちの良い応対です。

サーモン・ぶり・さわら・(釜揚げ)しらす・いくら,5種の刺身ののった波柄丼を注文。
ネタは日によって変わるらしいです。
鮮度が良いネタ。くさみがまったくなく,その魚のおいしさだけが味わえました。
特にブリ。こりこりっの触感。萩沖の竜宮の潮巻あたりの激流でもまれた鰤を連想しました。
ご飯も見た目はおわん型に押し付けたようですが,さらりとほぐれてうまい。

ひとつだけうんちく?www。
海鮮丼は酢飯が好きという人がいますが酢飯を使うと海鮮丼ではなくて海鮮チラシ寿司です。
海鮮丼というからにはご飯は白ご飯です!
もちろんどちらがうまいか好きかはそれぞれ。
ちなみに私は・・・どちらも好きです。

今回はいちおし海鮮の波柄丼にしましたが,次回はアジのフライランチを食べてみたいな。
レジで駐車券とFBに投稿した特典の10%割引券いただきました。

帰りにマルシェで長芋と岩国れんこん買って駐車場へ。

14:30 駐車場発

県道204号~国道9号~国道376号~国道489号~国道2号とひちすら走ります。

18:00 広島帰着
疲れ気味な今日この頃,またありな一日でした。ありがとね~>モモ

カテゴリー: 20_ドライブ, 21_グルメ, 90 FaceBook パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください